患者力向上ゲーム・ILLNESS BUSTERのパイロット版が完成

 社会課題解決WSの授業を通じて、「患者力」の大切さを知った大正大学表現学部表現学科エンターテインメントビジネスコースの学生さんたち。


 その学生さんたちが有志で取り組んでいる、患者力向上RPGゲーム・ILLENESS BUSTER(イルネスバスター)のパイロット版が完成しました!


 もちろん作っただけでは満足しません。

完成したゲームが、どんな効果をもたらすのか!?同じ大学生を対象にゲームをプレイしてもらい、アンケートから評価をする実証研究中です。


Students of Taisho University's Entertainment Business Course, Department of Expression, Faculty of Expression, who learned the importance of "Patient Power" through the Social Problem Solving WS class.


The pilot version of ILLENESS BUSTER, an RPG game for improving patient power that these students have been working on voluntarily, has been completed!

 Of course, we are not satisfied with just making the game.


What kind of effect will the completed game have! We are in the process of conducting empirical research by having the same college students play the game and evaluating it based on questionnaires.



 このホームページでも、結果を報告させていただきます。

 We will report the results on this website as well.


ILLNESS BUSTER企画に関する詳細はこちらをご覧ください。

For more information on the ILLNESS BUSTER project, please click here.

イルネスバスター | Patient Empowerment Program (PEP) 患者力向上プログラム (pep-med.org)



閲覧数:38回